自由に着飾ろう!人のファッションを否定しない考え方

私はストリートファッションが好きです。

ストリートといっても裏原、パンク、ロックなど多様なスタイルがあったりしますが、私は裏原系ですね。

SupremeやWTAPS、neighborhoodなどのブランドが主だったりしますが、何のブランドが好きか、どんなジャンルが好きかは人それぞれ十人十色でしょう。

自分にとっては「ダサい」と思えるものも誰かの「かっこいい」になることがあります。

昔の友人に人のファッションにあれこれモノを言うヤツがいました。

その彼はストリート系がどうにも嫌いだったようで私がかっこいいと思うものを「は?まじでいってんの?ゲロダサいんだけど」なんて良くいわれてしまい、自分もいつの間にかその友人に合わせるようにモードファッションに走っていた時期がありました。

でもやっぱり自分の恰好が好きじゃなかったんですよね、そのころ。

そしてその友人もその頃は「友達だから大事にしなくては」という先入観のもと嫌な思いをしながらも上手に接しようとしていた自分がいたのです。

続きはまた次回に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする