母の日はなぜ5月の第2日曜日なのか!?~解説~

今年も母の日が近づいてきましたね。

皆さんは毎年母の日に、お母さんへカーネーションを贈っておりますか?

私はカーネーションを贈る時もあれば食事に連れて行ったり、欲しい物をあげたり、何かしらの親孝行をしています。

いつもお世話になっている最愛の家族ですからね!

しっかりお祝いしてあげたいものです。

そこで、なぜ5月の第2日曜日が母の日に定められているのか、ふと疑問に思ったので調べてみました。

母の日は世界の各国に存在していて、日本の母の日はアメリカから伝わったとされています。

1905年の5月9日にアメリカのフィラデルフィラに住む女の子「アンナ=ジャービス」が母親の死をきっかけに「生きている間にお母さんに感謝の気持ちを伝える機会を設けるべきだ」と働きかけたのがはじまりだといわれています。

これがアメリカ全土に広がって1914年の当時の大統領「ウィルソン」が5月の第2日曜日を「母の日」と国民の祝日としたのです。

これが日本にも伝わったわけですね~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする